無印良品 テレワーク特集「おうちで、はたらく」無印良品 テレワーク特集「おうちで、はたらく」

おうちで、はたらく
テレワークへ心地良く取り組む、くらしのコツを紹介します。デスクまわりの整理整頓アイテム、チェアやテーブル、座っている時間が長い方にはクッションやスリッパなどを取り揃えました。時短ランチに欠かせないレトルト食品や、気分転換のお菓子もご用意しています。

ダイニングテーブルを、テレワークでも使う

ダイニングテーブルを、テレワークでも使う

食事のためのダイニングテーブルを、テレワークのデスクとしても使えるものに見直し、テーブルの役割を集約させて、くらしの空間を広く使います。テーブルの上にはものを置きっぱなしにせず、都度、使うものを出し入れして切り替えを。

折りたためるテーブルで、仕事終わりに、デスクごとしまう

折りたためるテーブルで、仕事終わりに、デスクごとしまう

くらしの空間を広く保つことを優先するなら、仕事終わりにたたんでしまえるテーブルを。折りたたみ式のテーブルは、たたむと厚さ約10cmになります。折りたたみ式のチェアと組み合わせたり、12cm脚のソファと組み合わせて使っても。

専用のデスクとチェアを揃える、パーテーションをつくる

専用のデスクとチェアを揃える
自立するシェルフで、パーテーションをつくる

本格的にテレワークへ取り組むなら、からだに負担が少なく、しっかりと業務へ向き合える専用の家具で環境を整えるのが、集中への近道です。また、くらしの空間とワーキングスペースの間は『スタッキングシェルフ』で仕切り、明確な境界を。

換気ができないときも、空気を循環

換気ができないときも、空気を循環

外の生活音が気になって窓が開けられないときでも、部屋の空気は循環させたい。そんなとき、低騒音のサーキュレーターなら充分な風量を確保しながら動作音が静かです。外して洗えるので衛生的。パーソナルスペースの循環なら、デスクファンが活躍します。

仕事に使うものはすべて、 ひとつにまとめる

仕事に使うものはすべて、 ひとつにまとめる

テレワークに取り組むためのデスクやテーブルは、家族で共有ということも少なくありません。持ち運びしやすい収納ケースへ、必要な道具や資料、文房具など、仕事道具をひとまとめに。

収納用品を揃える

背景に映り込む、収納用品を揃える

オンライン会議で自宅の一部が映り込む場合は、散らかった印象にならないよう、映り込む位置にあるものを収納用品にしまい、揃えて並べると、見た目がすっきりと整います。

部屋の香りを、オンとオフで使い分ける

部屋の香りを、オンとオフで使い分ける

テレワークではまわりの環境が変わらないため、くらしの空間で仕事をはじめるとき、気持ちの切り替えに難しさを感じます。そんなときは、たとえば香りを切り替えのスイッチに。仕事をはじめる香り、仕事を終えてからの香りというように、空間の香りを使い分けることで、気持ちを切り替えます。

コーヒーブレイクで、ほっと、ひといき

コーヒーブレイクで、ほっと、ひといき

テレワークの合間に、席を立ち、コーヒーを淹れる休憩時間を。すっきりとした後味の中煎りは、一日のはじまりに。しっかりとした味わいの深煎りは、日中の気分転換に。アイディアが煮詰まったときは、片手で食べられるスティックバウムで糖分補給も。


無印良品TOPページへ